当コラム「投資のヒント」は、東海愛知新聞の第2及び第4金曜日版に掲載されているもので、当社が提供しているものです。

株式コラム
株式コラム・400 ブロックオファー

 大手証券の幹部が逮捕されたブロックオファー。取引の経緯は広く報道されているので、少し違った角度で見ます。 売買を仲介した証券が、取引成立のために株価を買い支えたことが違法な株価操作とされました。ここに正当化の余地はあり […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・399 軍事侵攻と株価

 ロシアによるウクライナ侵攻が今後の世界経済に、そして市場にどう影響するのかという質問を受けます。皆さん、分からないから聞くのでしょうが、皆さんが分からないことは筆者にも分かりません。プーチンに聞きたいです。市場の認識を […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・398 予想で投資しない

 株式市場の乱高下。その主原因は、米国のインフレが進行すると金利が想定を超えて上がるのではないか、という心配。そしてロシアがウクライナに侵攻するのではないか、という心配です。 米国の利上げは想定の範囲内で収まると予想する […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・396 金融緩和の終焉

 FRB(米連邦準備理事会)のパウエル議長が、二十六日開催の金融政策会議の結果を発表しました。内容にサプライズはなく、再三繰り返してきた利上げなどに言及したのですが、改めて「これにて金融緩和は終わり」という宣言です。 今 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・395 東京街並み変貌

 新年の東京駅周辺を歩きました。東京駅と言っても少し歩けば江戸時代から続く刃物屋や乾物屋が軒を並べる街並みを楽しめたものですが、ほとんどが高層ビルに代わり、それら老舗はテナントとして入居してしまった。日本橋界隈に残ってい […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・394 丁半博打投資

 決してお薦めしませんが、こんな銘柄をあえて買う人がいるというお話しです。 例えばEduLab、メタリアル、グレイステクノロジー。直近では日本Ⅿ&Aセンター。いずれも株価が急落しています。さて分かりますか。 これら企業は […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・393 変わる財政意識

 大手経済紙にこんなコメントがありました。「財政破綻がいつどんな形で起きるかを予測する能力は政府にも経済アカデミーにも、そして市場にもない」 なるほどそうかもしれない。であれば能力の無い者同士が議論しても結論はでないし、 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・392 携帯料金下がるか

 携帯料金は安くなるのでしょうか。政府方針は「携帯電話は重要インフラだから、事業者間の競争を促進し低廉で多様なサービスを実現する」としています。  日本の通話料金は海外比較でも高くありません。でもスマホに毎月一万円も払っ […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・391 内部留保考

 地元岡崎市の自動車関連会社の創業者A氏が嘆いていました。二代目が会社を引き継いで十余年、内部留保が三億円にもなったと。 なぜそれを嘆くのか。A氏はいろいろな新規事業に挑戦し、小さな成功と小さな失敗を繰り返してきた経営者 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・390 財務次官の警告

財務省が財政健全化を主張するのは本来の役割です。それでも今回の財務省トップ・矢野事務次官の月刊誌への寄稿内容は驚きに値します。 日本を巨大な氷山に向うタイタニック号に例えて、このままだといずれ衝突し沈没すると警告したので […]

続きを読む