孫子の代までお付き合い
当社の株式コラム


当コラム「投資のヒント」は、東海愛知新聞の第2及び第4金曜日版に掲載されているもので、当社が提供しているものです。



株式コラム・319 米中貿易摩擦

  株式コラム

米中の貿易問題について深刻な指摘が多くなってきました。 米国は中国と冷戦へと突き進む。 政権内のタカ派は、中国に進出した米企業を裏切り者と考えている。といった怖い指摘も散見されます。 関税の引き上げは、簡単に言えば、一部 ......



株式コラム・318 一部上場同族企業

  株式コラム

 カナミックネットワークという会社が七月マザーズから東証一部上場を果たしました。 介護事業者向けのクラウドサービス提供会社で、設立して十八年です。ビジネスモデルの詳細はHPなどでお調べいただくとして、ここがおもしろいのは ......



株式コラム・317 関税と海運

  株式コラム

 世界中で関税の報復合戦が始まると、当然、輸出入が手控えられて船での輸送量が減ってしまう。海運会社の業績が悪化する。市場はそう警戒し海運株は冴えない動きが続いています。 ところが、船の運賃は下がっていません。外航の不定期 ......



株式コラム・316 トルコリラ急落

  株式コラム

 トルコリラが急落しました。高金利のトルコへ日本からも沢山の資金が投資されています。日本人には高い利回りは魅力的ですが、新興国の通貨が軒並み崩れており、せっかくの利回りが帳消しです。 しかし、これは為替の基本です。金利の ......



株式コラム・315 大塚家具の危機

  株式コラム

 会員制で高級家具を販売する大塚家具が、親子対立で長女が経営権を取り、新しいビジネスモデルに転換したものの、業績不振で経営危機にある。 この記述は正確でありません。 同社の業績が悪化し始めたのは、長女が経営権を握る遥か前 ......



株式コラム・314 トランプは無茶か

  株式コラム

 貿易戦争は、勝者のいない戦いと言われます。米国にも跳ね返ってくる。それでもトランプ大統領は強気に押し進め、支持を得ています。 「中国は不公平な関税で米国に大赤字をもたらした。その上、米国から大量の知的財産を盗んでいる」 ......



株式コラム・313 EPSが下降中

  株式コラム

 本年三月末の日経平均の一株当たり利益(EPS)は一、七〇〇円でした。多くのアナリストは今期(来年の三月期)の業績を10%程度の増益、つまり一、八七〇円を見込み、それに株価収益倍率(PER)15倍を掛けた二万八千円を日経 ......



株式コラム・312 米朝会談と市場

  株式コラム

 昨年は、北朝鮮による度重なるミサイル発射で緊張が高まりました。テレビのワイドショーでは、専門家たちが「いつ戦争が勃発してもおかしくない」と危機感を煽り、私たちも本気で心配したものです。 そんな中で、戦争など絶対にない、 ......



株式コラム・311 好配当へ投資

  株式コラム

 ある個人投資家が嘆いていました。彼は配当利回りが高いという理由で、JT(日本たばこ産業)に投資しました。今期配当金は百五十円の予定なので、株価三千円で利回り5%。この六月末には中間配当が出ます。とても良い投資だと思うの ......



株式コラム・310 トヨタの好決算

  株式コラム

 トヨタが最終利益で過去最高を更新しました。日本企業は前期、概ね好決算を発表しましたが、少し気になるのは、発表される各企業の今期(来年3月期)の予想数字があまり良くないことです。 今年の年初に日経平均二万七千円~八千円を ......



1 2 3 32 »