孫子の代までお付き合い
当社の株式コラム


当コラム「投資のヒント」は、東海愛知新聞の第2及び第4金曜日版に掲載されているもので、当社が提供しているものです。



株式コラム・341 インフラ・リート

  株式コラム

 リート(不動産投資信託)の中でも、インフラ関連リートは全部で6銘柄しかなく、中身は太陽光発電施設です。 いずれも好利回りなのは、この種のファンドが抱える構造的な問題、つまり固定買取制度(FIT)が開始から二十年後に終了 ......



株式コラム・340 ファンド化企業

  株式コラム

 PBR(一株純資産倍率)一倍割れで高配当と言えば、大手商社株です。なぜこのセクターは万年割安なのか。 今の総合商社は投資会社です。いろいろな企業に投資をして、そこからの配当金が収益の中心です。貿易の仲介手数料ではありま ......



株式コラム・339 ユニゾ買収

  株式コラム

 旅行会社HISによる、ホテル運営会社ユニゾHDへの株式公開買付。トップ3を大手銀行から受け入れているユニゾ取締役会は断固反対を表明。株主全員に対し公開買付に応募しないよう文書を送付しました。 理由は、シナジー効果がない ......



株式コラム・338 韓国へ優遇解除

  株式コラム

 日本が韓国を輸出優遇対象国から外しました。対象の三品目は半導体製造に欠かせない材料です。 日本政府は、これは輸出規制でもなければ禁止でもないので、貿易に支障はないと説明しています。ただ、日本側にちょっと余分な手続きが発 ......



株式コラム・337 日銀、株買いの罪

  株式コラム

 日銀が株を大量に買っていることは御存じでしょう。株主名簿に「日本銀行」は登場しませんが、多く企業で実質的な大株主になっています。それを憂う声は以前から出ています。では問題点は何か。 まず、日銀が買い支えているから株価が ......



株式コラム・336 国民投票リスク

  株式コラム

 EU離脱という国民投票の結果に対し、最善の方法で使命を全うしようと努力した英メイ首相が辞任に追い込まれました。 三年前、キャメロン前首相は残留派が勝つと確信していたから国民投票に踏み切りました。 離脱派は多くの嘘を織り ......



株式コラム・335 東証一部見直し

  株式コラム

 上場している企業は全部で3,600社あり、うち二千社以上が東証一部です。ちなみに二部が約500社。つまり東証一部が最大です。その中には、果たして一部としてふさわしいか疑問の会社もある。 そこで取引所は、時価総額が五百億 ......



株式コラム・334 二千万円不足

  株式コラム

 金融庁の資産形成に関する指針の中に「老後三十年、年金だけでは二千万円が不足」とあり、これに対し、野党から批判が相次ぎ、正しく説明すべき政府までが、これを撤回させました。 例えば、年金が唯一の収入で、毎月の生活費の赤字が ......



株式コラム・333 ファーウェイ問題

  株式コラム

 中国の通信機器大手ファーウェイ社が米国から攻撃を受け、波紋が広がっています。この問題を取り上げたテレビニュースで、あるAI(人口知能)アナリストを名乗る専門家が、「ファ社と日本企業の取引は年間七千億円あり影響は大きく、 ......



株式コラム・332 対中追加関税

  株式コラム

 米国トランプ大統領が、二千億㌦分の中国製品への関税を10%から25%へ引き上げると表明しました。市場は、この問題は大方決着したと受け止めていましたからサプライズで株価は下落です。 計算してみましょう。二千億㌦分のモノに ......



1 2 3 34 »