孫子の代までお付き合い
当社の株式コラム




株式コラム・306 ウーバーの事故

  株式コラム

 米ライドシェア最大手のウーバーが自動運転のクルマで死亡事故を起こしました。同社は公道での走行試験の中止を発表しています。 ライドシェアとは、自動車の相乗り需要をマッチングさせるサービス。要するに白タクにお客を紹介するネ ......



株式コラム・305 仮想通貨について

  株式コラム

仮想通貨で日本が世界取引の四割を占め最大のシェアを握った。国内参加者は百万人を超えた、と報道されています。 嘘ではありませんが、それは今年始めに中国が仮想通貨を締め出して以降、世界全体の取引量が百分の一になり、その一方で ......



株式コラム・304 弱気過ぎる市場

  株式コラム

 いつものことですが株価が下がってくると弱気が台頭してきます。特に日本はバブル崩壊の傷を何十年も引きずった経験から、一旦相場が崩れたら、永遠に駄目だという気分になるのでしょうか。 「これは終わりの始まりだ」なんて小説のよ ......



株式コラム・303 株価乱高下の後

  株式コラム

 NYダウの暴落で日経平均も二月五日、六日の二日間で二千円下落し翌日は急反発という乱高下。その動きは世界中の市場へ伝播しました。 理由はアメリカの利上げ懸念。利上げを急いだら駄目ですよ、という警告をFRBの新議長パウエル ......



株式コラム・302 逆転している米中

  株式コラム

 ある経済研究所が作成した資料に二つのグラフが並んで示されていました。米国と中国のGDPシェアの推移です。ドルベースでのGDPを比較すると、米国の世界シェアが25%に対して中国は15%で、まだその差は大きいのですが、もう ......



株式コラム・301 ブルベアは博打

  株式コラム

日経平均に連動する上場投資信託を買う人が急増しています。こういう投託をブルベアと言います。ブルは値上がり、ベアは値下がりを見込んだ商品です。 結論から言いますと、この手のモノは短期の丁半博打と思ってください。長くても一か ......



株式コラム・300 東京のオフィス

  株式コラム

所用で訪れた東京六本木の会社は、地下鉄直結の43階建て、全面ガラス張りエレベーター、全てを備えた完璧な新築オフィスビル内にありました。しかし、入り口の案内版はすき間だらけ。部屋が埋まっていないのです。 東京ではオフィスの ......



株式コラム・299 米税制改革

  株式コラム

 米国株が上る一因が税制改革です。その内容は実にトランプ大統領らしい単純で分かりやすくて大胆なものです。 改革案ではその目的をこう表現しています。アメリカが磁石(マグネット)のように海外に出て行った仕事を引き戻す。雇用、 ......



株式コラム・298 株高は続くか

  株式コラム

この株高相場がどこまで続くか。考え方はこうです。 まず、株価水準は日経平均採用銘柄のEPS(一株当たり利益)が最大で何倍まで許容されるかです。通常16倍くらいが限界で、これを超えたら警戒レベル。今期(H30年3月期)の予 ......



株式コラム・297 株価連騰

  株式コラム

 日経平均が二十年ぶりの高値を更新中。こうなるといつも出てくるのが、株価はすでにバブルだ、間もなく破裂という論調。まさか、本当にバブルならこの程度で終わるはずありません。 普通に考えるなら二万二千円は好調な業績を織り込み ......



« 1 2 3 4 32 »