株式コラム
投資のヒント73 神からの贈り物

あなたがアラブの大富豪だとしましょう。信頼できるレポートによると、原油の採掘にかかるコストは一バーレル当たり五~七㌦程度で、それが百二十㌦で売れれば、笑いが止まらないほどぼろ儲け状態、お金がじゃんじゃん入ってきます。 こ […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント72 証券マンの逮捕

ある個人投資家が、身内がトップ努めるを銀行の株式を保有し、時折、売買をしていました。その身内と仕事の話をすることもなく、取引は何も問題ないのですが、証券会社から「内部者登録」を求められたのをきっかけに、その銘柄の取引を打 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント71 撤退は高評価

さる二月一九日、撤退の第一報を聞いたとき、東芝株を買いだと判断した人はなかなかの目利きです。 DVDの世界は東芝のHD・DVDとソニーなどが開発するブルーレイ(BD)がガチンコ勝負を続けており、それぞれ画質の良さや価格を […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント70 それでも日本株

世界的な株安はいつ止まるのでしょうか。経営者は景気の先行きを悲観し始め、マスコミは政府の無策を非難し、外人投資家は日本株を売り続けています。 それでも断言したい。日本株をこの値段で売り払うなど愚の骨頂だと。ベア・スターン […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント69 虫のよい外国人期待

米のスティール・パートナーがブルドック・ソース株を買った時、東京高裁は乱用的買収者と決めつけました。株価が下落するたびに「外人が売っている 」「魅力的な市場を創造すべき」と言いつつ、実際に外人が日本企業を大量に買い、大株 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント68 JFEの特損

JFEの子会社が、自治体に納入したごみ処理プラント事業にからんで五百億円もの特別損失を出しました。「設備の消耗品コストがかさんだ結果」という説明です。 いったい何をやっているのか。JFEと言えば、新日鉄と並び日本の製鉄会 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント67 冷凍食品業界

冷凍食品のカタログを見ると、こんなメニューまでが、と驚くほど種類があり、その市場規模は今でも拡大しています。 しかし、冷食販売の70%がイオンなど大手スーパー経由で、その店頭では値下げ競争が激しく、メーカーは価格競争力を […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント66 ガソリン国会

暫定税率を廃止し、ガソリン価格を下げろと主張する民主党。継続して道路財源を確保したい自民党。共通するのは将来のビジョンよりも選挙対策です。 市場は常に何かのメッセージを発しています。今回の原油価格の上昇は、このペースで石 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント65 上がる商品市況

原油価格が年明け早々から百ドルを付けたのを始め、貴金属や穀物など、いわゆる商品市況が軒並み上昇しています。二つの大きな原因が指摘されています。まず、世界的な経済成長によって人口の多い新興国で、エネルギーや食料の需要が増え […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント64 大東建託身売り

  大東建託の創業者が身売りをします。 とにかく良く言われなかった会社です。地方の大家に土地活用を持ちかけ、借金をさせ、割高なアパートで建築代金を儲ける。壁が薄い、雨漏りする、空室ばかりだ、共済会がパンクすると […]

続きを読む