株式コラム
投資のヒント63 再び大連立を

幻と消えた大連立構想。もし、実現していたら、ひょっとすると株価は今より高い位置にあったかもしれません。 日本企業が空前の利益を出しているにもかかわらず、日本株が世界の中で出遅れている原因の一つが、国内政治です。財政再建と […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント62 四十兆円はどこへ

お盆に底を打ったはずの株価が、また下がってきました。 日本の複数の金融機関がサブプライム関連で大きな損失を発表したのです。高い金利に惹かれて資金を出した世界中の投資家が損失を被り、その合計は四十兆円とも言われています。そ […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント61 祝・ドラゴンズ

ドラゴンズ優勝の年の相場は波乱、といううわさを聞き、優勝の年の前後を振り返ってみた。 まず1954年。日本一になった年です。ここから日本は神武景気と言われる高度経済成長にばく進していきました。次は74年、ON絶頂期の巨人 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント60 自動車苦戦

国内で自動車の販売が落ち込んでいるうえに円高が重なり、自動車各社の株価が下落しています。半期の販売台数は248万台。これは三十年ぶりの低さです。台数が減っているうえに、利幅の薄い軽自動車の比率が高くなっており、トヨタ始め […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント59 金商法スタート

  十月から新しい金融商品取引法が施行されました。この法律の基本精神は「投資家保護」。逆に言えば「業者への規制強化」です。 今、金融機関の窓口はその対応に戸惑い、様々な珍事が発生しているようです。例えば、何十年 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント58 株価は底値

株価は八月お盆の安値が当面の底になる可能性が高くなりました。あらゆる指標が日本株は安いと訴えています。 政局、サブプライム問題、原油高、円高、信用残、中国バブル、外人の売り越し等々、不安要素に事欠きませんが、株価が上昇す […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント57 すべての籠は糸で

「卵は複数の籠に盛れ、一つが落ちて割れても他が助かる」 これは分散投資を勧める証券マンの常套トークです。 しかし、どの籠も一本の糸でつながっていたら・・・。今回の同時株安でそれが証明されました。欧州系金融機関が日本で資金 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント55 問題は国内政治

株式市場がまた揺れています。米国株の下落がきっかけですが、主な原因とされるサブプライムローン問題については省略します。言われるほどの心配は不要だからです。無茶をすれば行き詰る典型例でした。 世界の株はもっと大きな経済の「 […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント54 インサイダー取引

村上ファンドの村上氏がインサイダー取引で実刑判決を受けました。彼が「聞いちゃった」という話は、その実現の可能性が全くない場合は除くが、あれば高い低いは問題でない、という司法の判断です。 私たちはいろいろな人脈の中で生活を […]

続きを読む
株式コラム
投資のヒント53 折口氏の手口

グッドウィル問題の根は、株主から徹底的に採算性を求められる上場企業が介護事業を手掛ける難しさという問題です。 グッドウィルは住宅メーカーと組んで地方の土地持ち資産家に施設を建設させ、それを借り上げて運営をしています。その […]

続きを読む