株式コラム
株式コラム・362 合成の誤謬

 合成の誤謬(ごびゅう)という経済用語があります。ミクロ(一人)の正しい判断が、マクロ(全体)に広がると悪い結果を生むという意味です。 コロナ感染リスクを回避するためには不要不急の外出を避けて家に閉じこもる、これが正しい […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・361 半沢直樹

 「半沢直樹」が戻ってきました。銀行から証券子会社に降格人事をされた主人公が、銀行からの妨害を跳ねのけて、「倍返しだ」と絶叫するあのドラマです。 豪華な俳優を揃え、大袈裟なセリフと身振り。テンポの良い展開。大人気になりま […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・360 悲観的な日本人

 コロナ後の景気に関して世界の人々はどう思っているか。ある機関が30か国を対象に調査しました。 コロナが収束すれば経済は回復する。これが大半の国の普通の発想です。皆さんはいかがですか。結果は、コロナ後に景気は悪くなると思 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・359 中国の排ガス規制

 中国が自動車の排ガス規制でHV(ハイブリット車)への規制を緩和します。プリウスを戦略車とするトヨタなど国内メーカーには好材料です。 この規制は、ガソリン車(HV含む)を販売するには一定比率のEV(電気自動車)を販売しな […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・358 コロナ禍の株高

  株価の戻りが急激です。ほとんどコロナ前の水準に戻っています。日経平均は三月下旬に底を打った後、四月、五月の二か月はほぼ一貫して上がりました。マスコミが一日中、コロナ禍の不安を煽っていた時期、株価は上がり続け […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・357 元に戻らない?

 コロナ後はコロナ前には戻らないと、多くの人が言い始めました。 例えば在宅勤務が定着する。そんなに家での仕事が快適ですか。多様な勤務形態が広がることは良いとして、会えないから会うことの良さを実感したのでは。 ソーシャルデ […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・356 コロナはきっかけ

 株価が下落するには下落する条件があります。まずは景気悪化の懸念が広がることですが、もう一つ大切な条件があります。下がる前に株価が上がっていることです。上がったものは下がり、下がったものは上がる。これが世の常、相場の常。 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・355 原油先物マイナス

 WTIの先物価格がマイナスになりました。前代未聞です。専門家によると「新型コロナウイルスの影響で石油需要が落ちた」「減産合意できなかった」との理由だけでは不十分のようです。 WTIとは米国テキサス産の石油で、今では流通 […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・354 パンデミック不況

 これまでの不況と比べて、パンデミックによる不況は全世界の万人に直接の影響を与えている点が特異です。 よく比較されるリーマンショックは、返済能力を超える住宅ローンを組んだ人、それを金融商品に仕立てて取引した人を直撃しまし […]

続きを読む
株式コラム
株式コラム・353 売らざる得ない

 「オレも売りたくて売ってるのではない」  ある運用担当者の愚痴です。三月決算を控えた法人による株の売却は恒例行事ですが、今年は真空地帯に大量の売りを出し、さらに値が下がり自分の首を絞めています。(案の定、その直後は三日 […]

続きを読む