孫子の代までお付き合い
当社の株式コラム


当コラム「投資のヒント」は、東海愛知新聞の第2及び第4金曜日版に掲載されているもので、当社が提供しているものです。



株式コラム・358 コロナ禍の株高

  株式コラム

  株価の戻りが急激です。ほとんどコロナ前の水準に戻っています。日経平均は三月下旬に底を打った後、四月、五月の二か月はほぼ一貫して上がりました。マスコミが一日中、コロナ禍の不安を煽っていた時期、株価は上がり続け ......



株式コラム・357 元に戻らない?

  株式コラム

 コロナ後はコロナ前には戻らないと、多くの人が言い始めました。 例えば在宅勤務が定着する。そんなに家での仕事が快適ですか。多様な勤務形態が広がることは良いとして、会えないから会うことの良さを実感したのでは。 ソーシャルデ ......



株式コラム・356 コロナはきっかけ

  株式コラム

 株価が下落するには下落する条件があります。まずは景気悪化の懸念が広がることですが、もう一つ大切な条件があります。下がる前に株価が上がっていることです。上がったものは下がり、下がったものは上がる。これが世の常、相場の常。 ......



株式コラム・355 原油先物マイナス

  株式コラム

 WTIの先物価格がマイナスになりました。前代未聞です。専門家によると「新型コロナウイルスの影響で石油需要が落ちた」「減産合意できなかった」との理由だけでは不十分のようです。 WTIとは米国テキサス産の石油で、今では流通 ......



株式コラム・354 パンデミック不況

  株式コラム

 これまでの不況と比べて、パンデミックによる不況は全世界の万人に直接の影響を与えている点が特異です。 よく比較されるリーマンショックは、返済能力を超える住宅ローンを組んだ人、それを金融商品に仕立てて取引した人を直撃しまし ......



株式コラム・353 売らざる得ない

  株式コラム

 「オレも売りたくて売ってるのではない」  ある運用担当者の愚痴です。三月決算を控えた法人による株の売却は恒例行事ですが、今年は真空地帯に大量の売りを出し、さらに値が下がり自分の首を絞めています。(案の定、その直後は三日 ......



株式コラム・351 新型肺炎と株価

  株式コラム

 二月二十四、二十五日の米国株の大幅下落は、「新型肺炎の感染者数が急増し世界的な景気下振れ懸念が高まった」「米国内での感染拡大の可能性」と説明されています。当然日本株も後追い下落です。  日本では報道で毎日増える感染者一 ......



株式コラム・348 2020年の展望

  株式コラム

 例年この時期は「新春株式展望」で沢山の予想が出てきます。大概当たりませんし、当たってもビンゴみたいなもので、たまたまです。特にトランプ大統領以降は想定外のことが当たり前のように勃発するために尚更です。 年明け早々にアメ ......



株式コラム・347 手数料ゼロ

  株式コラム

 ネット証券が投資信託や信用取引などの手数料を無料化し、派手な宣伝をしています。目的は他社に顧客が流れないよう囲い込むこと。 商売は提供するモノやサービスの対価として貨幣を受け取る交換です。両者は対等な立場であって、お客 ......



株式コラム・346 貸株停止

  株式コラム

 年金基金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が貸株停止の措置を発表しました。 貸株とは、空売り(株券がないけど将来の値下がりを見越して株を売ること)をする投資家に対し株を貸すことです。GPIFは最大の貸 ......



1 2 3 35 »