以前にも書きましたが、何度でも書きます。日本株のバーゲンセールは続いています。

相場は勢いです。いったん下げトレンドが始まると理屈抜きで下がる。どこまで下がるか。不安に駆られて売りたくなった人が売りつくすまで、あるいは、一定のルールに従って売らざる得ない運用者が売り終わるまで下がります。その最後の瞬間をセリング・クライマックスと言います。出来高が膨らみ、チャートは長い陰線を引く。下ひげを描くことが多い。

経済は後退していません。確かに減速はするでしょうが、戦後最長の景気回復ですから、調整は当然。いきなり不景気になりません。日本、そして世界の景気はまだ順調ですが、株価は業績を無視した水準に突入しています。

相場は心理です。楽観的なときは、景気に関して悪い材料が出ても、利上げが遠のくからという理由で上がり、悲観的なときは、良い材料が出ても利上げを心配して下がる。人の心理は何かでコロリと変わるのです。【のび太】

人の行く裏に道あり花の山。