政府は、日本のキャッシュレス決済を倍増させようとしています。しかし、今回新しく発行される紙幣は偽造困難でデザインも良いので、現金としてより普及しそうです。

日本が世界でも突出して現金の流通量が多いのは、スリ、空き巣、強盗が少ないことや、円に対する信頼の高さ。金(ゴールド)よりも現金を持っていた方が安心、偽造紙幣が少ない、という背景もあるでしょう。

現金離れを促すには、余程、必要に迫られるとか、税制上の特典を付けるなどの政策が必要です。本気でやるなら一万円札は無くす、くらいでないと。

現金比率が高い別の理由があります。札束を自宅の金庫や畳の下に保管する人の存在です。それをあぶり出すのは簡単ではない。実は政治家自身が一番、現金を好むのかもしれません。

アジアとのビジネス関係が深まり、年間三千万人の外国人が訪れる。効率性を考えるとカードやスマホ決済の普及はどうしても必要なのです。せっかくの新紙幣ですから、有効な方策をセットにするといいでしょう。【のび太】