金融庁の資産形成に関する指針の中に「老後三十年、年金だけでは二千万円が不足」とあり、これに対し、野党から批判が相次ぎ、正しく説明すべき政府までが、これを撤回させました。

例えば、年金が唯一の収入で、毎月の生活費の赤字が五万程度で、さらにその人が定年後三十年ほど生きた場合、二千万円程度が足りない。実に単純な計算の結果です。何を目くじら立てて怒るのかさっぱり理解できません。

少子化によって今の年金制度が維持できないことは誰でも知っています。ある大臣が、「お孫さんには子供三人くらい生むように言ってくださいよ」と発言したら、これまた批判される。

「誰かを傷付ける意図はなかった」と釈明しましたが、そんな釈明が必要なくらい日本人は言葉の理解能力が低いのでしょうか。あるいは、子供に恵まれない人の心情を考えると、この程度でもアウトなのか。

高齢世帯に資産の長期運用を促すための指針は、その主旨が理解されずに終わりそうです。全くつまらない理由で。【のび太】