日本が韓国を輸出優遇対象国から外しました。対象の三品目は半導体製造に欠かせない材料です。

日本政府は、これは輸出規制でもなければ禁止でもないので、貿易に支障はないと説明しています。ただ、日本側にちょっと余分な手続きが発生する。日本企業は輸出したいので手続きをします。大した面倒はありません。他国でやっていることですから。

韓国側のサムソンやSKハイニックスの二大半導体メーカーにとってもこれまでと変わりません。しかし、韓国政治家が日本を悪者にして大騒ぎ。政治利用しているのです。

あり得ないと思いますが、よしんば貿易が止まったら。そのとき韓国は別の国から買うか、自国で生産を準備するでしょう。日本製の品質が高いのは間違いありませんが、やろうと思えばやれなくはない。要はコストの問題です。高くても買ってくれるなら誰かが作りますよ。でも、企業がそんな無駄をするはずがない。最適な取引をグローバルに求めます。

売りたい日本と買いたい韓国。日韓貿易は普通に続きます。【のび太】