財務省が財政健全化を主張するのは本来の役割です。それでも今回の財務省トップ・矢野事務次官の月刊誌への寄稿内容は驚きに値します。

日本を巨大な氷山に向うタイタニック号に例えて、このままだといずれ衝突し沈没すると警告したのです。折しも岸田総理が大型経済対策を約束したその矢先でした。総選挙を前に政治家はみな面食らってしまい、まともな反論が出来ない。ほとんど無視を決め込んでいます。

ある政府高官は、国債は国内で消化されているから大丈夫とコメントしました。いくら国内勢(日銀、国内金融機関、年金等)が大半を保有し、海外比率は数%であっても、これだけグローバル金融が進む世界で、財政危機に直面した国の国債価格が暴落しないなんてあり得ません。

どんなに借金を重ねても日本の財政は破綻しない。それが証明できない以上、この警告はスルーされるでしょう。見て見ぬふりです。

将来の危機よりも、今の豊かな暮らしが大事。膨らむ財政赤字の責任は官僚でも政治家でもなく、私たち有権者にあります。【のび太】