四月からペイオフ全面解禁/ さあどうする? 取るべき対策は「何もする必要がない」のです。三河地域に本支店を置く銀行で直ちに預金の解約をした方がよさそうなところは一行もありません。どの銀行も徹底した不良債権処理を進め、今日明日、突然倒産する銀行などあろうはずがないのです。それなのに銀行マンが自ら「ペイオフ対策」と称して投資信託のような商品へ預金シフトを勧めるのは不思議な光景です。
このコラムは「個人が株式投資を始めるべき」の考えで参考になる情報を提供しようというものです。しかし、それはペイオフ対策からではなく、百万円を一年間預けてもコーヒー一杯も飲めないような銀行口座にお金を預けることが決して賢い選択ではないからです。
資金運用として株式投資を当然取り入れるべきなのです。しかし、リスクが…。その通り、必ずリスクがあります。まずは、このリスクという奴から片付けましょう。【のび太】
2005年5月20日掲載