石油について)石油輸入国にとって原油価格上昇は確かにマイナス要因で株価も非常に神経質になっています。

しかし、オイルショック時のパニックはありません。円高のおかげで緩和されているのが一つの原因です。「原油高と円高のWパンチ」などと某キャスターのコメントは全く逆ですよね。経済は常にプラスとマイナスが並存し、悲観と楽観の差はどちらに注目するかの差です。

こういう時は住友鉱のような資源株が定石ですが、もっと注目したいのがハイブリッドカーです。ガソリン価格上昇で燃費の良いプリウスは米国で半年待ちだそうです。

同車は数多くの企業の技術が集まってできた傑作です。製造元トヨタ以外に関連の企業が重要で、優れた技術ならば他社が欲しがります。

日本バイリーン、ネオマックス、ハーモニードライブ・・。マイナス要因の裏にあるプラスの方に目を向けましょう。【のび太】
2005年7月22日掲載