投資のヒント73 神からの贈り物

あなたがアラブの大富豪だとしましょう。信頼できるレポートによると、原油の採掘にかかるコストは一バーレル当たり五~七㌦程度で、それが百二十㌦で売れれば、笑いが止まらないほどぼろ儲け状態、お金がじゃんじゃん入ってきます。
この価格なら油田を掘り当てるリスクも容易に取ることが可能で、二本掘って空振りでも、三本目で出てくれれば十分というわけで、次々に採掘されているようです。
尤も、掘っているのは日本を含めた外資系企業で、あなたは採掘権を売るだけです。エネルギー獲得競争で採掘権はかつてないほどの値段がつきます。結果、世界の富があなたへ集中します。 世界経済が減速し、産油国だけが潤うことに嫉妬の声が上っていますが、あなたは気にもしません。石油は、砂漠の地に生きる民への神からの贈り物だからです。
さらに、賢明なあなたは企業や土地やホテルなどを買収する投資によって、お金を再び世界に還元しています。これが金融の優れた機能です。 【のび太】
平成20年5月9日掲載