投資のヒント87 モリモト倒産

モリモトという会社をご存知ですか。今年の2月に東証2部上場し、9ヵ月後の11月28日に民事再生法適用を申請した会社です。
十余年の間で分譲マンションなど三百を越える物件を開発・販売し、業績は順調。いわゆる黒字倒産です。
モリモトは開発したマンションを、子会社の上場リート(ビ・ライフ投資法人)へ売却していましたが、資金調達が困難になり、子会社への売却が滞りがちだったようです。そこで子会社を大和ハウスに売却し、その翌日に倒産発表です。
モリモトは決して「危ない会社」の上位に見られていたわけでありません。10月末の約定弁済(借金の返済)ができずに倒産に至りましたが、同業者はみな似たような状況のはずで、このクラスの会社でも銀行が蛇口を閉めれば耐え切れません。
今年の上場企業の倒産件数はこれで30を超え、過去最高となりました。大半は不動産、建設関係、そして、黒字倒産です。する必要のない会社までが倒産する由々しき事態です。
【のび太】平成20年12月12日掲載