投資のヒント184 脱・安売り

新政権に最も期待されるのが脱デフレですが、政府に頼らず民間からデフレを脱却することも必要でしょう。要は、意味のない安売り合戦を止めるのです。

最近また勃発したのが牛丼チェーン各社の値下げ競争。280円を250円にすると、すぐ各社が追随するという不毛な競争から抜け出せない。ビジネスはモノやサービスにいかに付加価値を持たせ正当な対価をもらうかです。吉牛フアンとして三十円の値下げで客を奪い合う経営を止めて欲しいものです。

それに対して戦略的なのがコンビニ各社です。どこにでもある商品を並べながら一切、値下げをせずに業績は順調です。公共料金の支払い、演劇の予約など店そのものに付加価値を付けているからです。最近はやたらと広い駐車場でトラックや高齢者が入りやすくしています。ここは、チケットセンターであり、銀行であり、宅配所であり、カフェでもあり・・どんどん進化しているのです。安売りと無縁の経営を目指すことが脱デフレです。【のび太】平成24年12月28日掲載