投資のヒント186 分かりやすい相場

このコラムが始まって八年目になりますが、これほど楽しく筆が進むのは初めてです。実に分かりやすい相場です。少なくとも明日、突然、株価が天井を打って下がり出すかもしれない、という漫然とした不安から完全に開放されているのが昨今の日本の投資家です。

下がらなければ上がるのが相場。とにかく、日本株は他のどの国の株に比べても割安に放置され、為替は実力以上に円高になっていました。一㌦80円という超円高のときですら、購買力平価で計算すればもっと円高になる、なんて難しいこと言う人が沢山いましたし、株価もさらに暴落する予測は世間にゴロゴロありました。今でもありますが。

しかし、毎日、市場を眺めていた投資家感覚では、リーマンショックとギリシャ問題と民主党政権がなければこれほどの円高・株安はなかった。一ドル百円前後で推移していたと思いますよ。問題が落ち着けば、問題が発生する以前の水準まで戻るのは当然で、本当に分かりやすい相場です。【のび太】平成25年2月8日掲載