投資のヒント187 何をいつ買うか

全国の証券マンには久しぶりに株式投資を再開したいとの電話が毎日のように入っているようです。アベノミクス効果は凄いものです。

そこで必ず聞かれるのが、何をいつ買ったらいいのかという質問。なにしろ日経平均はほんの3ヶ月の間に二千円、率にして20%も上昇しています。個別銘柄では二倍になっている株も少なくありません。買いたいと思っている間に上がってしまい、買いそびれたという思いが強いのでしょう。

「何を?」と問われれば、円安、公共投資、脱デフレ、エネルギー革命など材料は事欠きません。しかし営業マンの本音は「何でもいいから買ってください」です。そういう相場なのです。皆さんがどんなに考えても市場はすでに織り込んでいます。赤字会社や無配株など手を出してはいけないものに注意すれば十分でしょう。じゃあいつ買うか?【のび太】平成25年2月22日掲載

「今でしょう。」

押し目買いに押し目なしの格言通りです。いつ買うか。今でしょう。(自己責任でね)