株式コラム・241 財政再建のために

財政健全化計画の議論が政府内で始動しましたが、道のりは厳しいとの指摘が大半です。

そもそも、こんなに借金が膨らんだのは、税収を超えるサービスを国民に提供してきたからです。払った分だけの見返りで満足していれば、これほど増えるはずなかたのです。

では一番に得をしたのは誰か。税金を払ってないのにサービスはしっかり受け取ってきた人たちです。損をしたのは、多額の税金を収めながら、それ以下のサービスしか受けていない人、高所得者です。この層が歳入を支える人たちです。

財政再建はここに頼るしかありません。彼らが日本から逃げない、さらに海外のお金持ちが日本にやってくる、そんな政策が必要です。

しかし、こういう議論の度に金持ち優遇という筋違いな批判が出る。百倍の収入の人をどんなに優遇しても、百倍の行政サービスが与えられるわけでなく、非常に貴重な層なのです。財政健全化にこそ異次元の発想と英断が必要。今の政権でやるしかありません。

【のび太】