株式コラム・262株は為替次第

やはり為替次第です。円高に動けば、どうしても日本株は下がる。一㌦=一○七円では日本企業がやっていけないから? そうではありません。昨年は、平均一一八円くらいだったので、今年はそれよりも円安にならなければ為替による増益効果はない、という理由です。

日本経済はアメリカ頼みです。そのアメリカが利上げを継続するほど景気が良くなり、その利上げによって円安が進み、ますます日本からの輸出が有利になる。そんなシナリオを描いていたのですが、どうやら、そこまで米景気が上向くことは期待できない、すると利上げが見送られるのではないか、だとすると円高だ、それなら株は買えない。そんな連動ゲームみたいに市場が乱高下したのです。

今までなら日銀の追加緩和策を期待できたのですが、円安誘導は、諸外国から通貨安戦争のゼロサムゲームだと酷評される始末。どこの国も輸出競争力を強めたいのです。各国がぎりぎりの状態から自分だけはいち早く抜け出そうと必死になっている。それが今の世界です。