株式コラム・269 リオ五輪 

リオ・オリンピッの数ある感動の中で、印象に残っている場面が二つ。一つは、体操の内村航平選手へ外人記者から「あなたは審判から好意的に思われ同情されているのではないか」と意地悪な質問をされたときです。

隣に座っていた銀メダルのベルニャエフ選手が「その質問は意味がない」と言い放ち、銅メダルのウィットロック選手も猛烈に反発し内村に敬意を表した、あの場面です。

もう一つは、吉田沙保里選手が金メダルを逃した試合で、泣き崩れる吉田の横で感極まってうずくまる米国ヘレン・マルーリス選手。表彰台でも二人で泣きじゃくり、インタビューでは「サオリとの試合をずっと夢みてきた。彼女は私のヒーロー。彼女と戦えたのは名誉」と吉田への尊敬の念が滲み出ていました。金を逃した悔しさは吹き飛び、負けた相手がこの子で良かったと思ったのです。

さあ次は東京。経済効果、五輪終了後も効果を持続させる知恵。観光客を呼び込む仕掛け。日本を好きにさせるもてなし。いろいろ楽しみです。【のび太】