日経平均に連動する上場投資信託を買う人が急増しています。こういう投託をブルベアと言います。ブルは値上がり、ベアは値下がりを見込んだ商品です。

結論から言いますと、この手のモノは短期の丁半博打と思ってください。長くても一か月くらい。それで負けたら損切する、そういう商品ですよ。

銘柄選択が不要で日経平均は分かりやすいので個人投資家に人気ですが、なぜこれが短期の博打商品か説明します。

損切なんて普通の人はできません。だから見込みと逆になったら値段が戻ってくるまでじっと待ちます。何年間でも待ちます。経験あるでしょう。今、お持ちの株もそうではないですか。

このブルベア投信は時間が経つほどに資産が棄損し価値は下がります。つまり、何年か後にようやく元の株価に戻ってもブルベア価格は元に戻りません。その理由は省きます。だから短期で手仕舞うべき商品として設計されているのです。単なる指数である日経平均の上下を予想するより、銘柄選択をしてゆっくり待つのが王道です。【のび太】