平成28年 6月17日

お 客 様 各 位

野畑証券株式会社
代表取締役社長 野畑響平

 

当社に対する東海財務局長からの業務停止命令及び業務改善命令について

  平成28年6月10日、証券取引等監視委員会から内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、当社に対して行政処分を行うよう勧告が行われておりましたが、本日、当社は東海財務局長より行政処分を受けましたのでお知らせ申し上げます。

当社は、この度の行政処分を厳粛かつ重大に受け止め、深く反省するとともに、当社のお客様、並びに関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。

今後は、再発防止に向けた経営管理態勢及び内部管理態勢の充実・強化を図るとともに、証券会社としてお客様の信頼を得られるよう全社をあげて真摯に取り組んでいく所存でございます。

【行政処分の内容】
(1)業務停止命令
平成28年6月20日から同年7月19日までの間、全店舗における有価証券の私募の取扱いに係る業務の停止。
(2)業務改善命令
(イ) 顧客に対し、今回の行政処分の内容を十分に説明し、適切な対応を行うこと。

(ロ) 金融商品取引業務を適切に行うための経営管理態勢、業務運営態勢及び内部管理
態勢を整備するなど、本件に係る再発防止策を策定し、着実に実施すること。

(ハ) 本件に係る責任の所在の明確化を図ること。

(ニ)  上記の対応・実施状況について平成28年7月19日までに書面で報告するとともに、
以降、そのすべてが完了するまでの間、随時書面で報告すること。

 

以上