平成30年11月1日

お客様各位

野畑証券株式会社
代表取締役社長 野畑響平

内容不備に関するお知らせとお詫びについて

平成28年6月17日付東海財務局から当社に対する行政処分を受け、同年6月22日付にて当社顧客へ、お知らせ文を送付致しました。その内容に一部不備がありましたので、修正致しますとともにお詫び申し上げます。
修正内容につきましては、下記下線部分の通りになりますので、宜しく御願い致します。

抜粋  【野畑証券株式会社に対する行政処分について】

(1)株式会社メディケアインベストメントに関連する債券について

MCI社、TM債及びJM債の実態を検証したところ、以下の事実が認められた。

ア MCI社、TM社及びJM社の間で、随意に資金の貸借や診療報酬債権等の売買が行われているなど、当該3社は渾然一体となって診療報酬債権等の買取業務の運営を行っている。こうした中、MCI社によるTM社からの回収困難な介護給付費債権の買取り(TM債の投資者の損失リスクをMCI債の投資者に転嫁)、TM債の償還資金の捻出のためのTM社からMCI社やJM社への診療報酬債権等の売却等が行われている。

なお、詳細全文につきましては、金融庁ホームページ
https://www.fsa.go.jp/news/27/syouken/20160617-6.html
をご参照願います。